スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

神武天皇からの手紙

鳥居の後ろにこんもりとした緑の山、その天上を黒い八咫烏(やたがらす)が羽ばたいている。

 なんだこりゃ。

 2013年9月のことだ、ポストを開けると手紙が入っていた。その封筒の模様が八咫烏だったのである。いや、今思うとあれは多分八咫烏なのだろうと想像するだけで、その時は、三本足の指も描かれていない、ただカラスっぽい鳥が〇〇〇子様という宛名のちょうど真下をこれ見よがしに羽ばたいている、何だか奇妙に感じられた、というだけのことである。

 手紙を持って、自宅マンションの一室まで階段を昇りながら、私はしげしげとそれを眺めた。カラスは羽をまん丸く広げて羽ばたいている。太陽のようでもある。裏返すと、差出人は、橿原神宮神宮庁だった。10月12日に行われる崇敬者大祭へいらっしゃいませんか、勿論無料で振舞わせていただきますよ。手紙にはそういう趣旨のことが書いてあった。なるほど、だから八咫烏か。八咫烏といえば神武天皇である。神武天皇といえば橿原神宮である。日本神話において、八咫烏は高皇産霊尊(たかみむすびのかみ)によって遣わされ、神武天皇の東征の際に、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラスである。神武天皇は八咫烏のおかげで無事大和の宇陀へたどり着き、橿原宮で即位したのである。

 2700年も昔、より安住の地を求めて西から東へ移動し、そして今、奈良の橿原神宮の御神祭となられた神武天皇。その彼(を祀る神社)より突然手紙が来て、「この祭典は、御神祭・神武天皇を様による広大無辺の御神恩に奉謝し、国家の弥栄と国民の平安を、取分け全国崇敬者各位の家運隆昌と無病息災とを、会社等諸団体の繁栄とともに、御祈願申し上げるものです」と言われたら。しかも、「取分け」のくだりが意味深である。僕のことを崇敬してくれる人たちはちょっとばかりえこ贔屓しちゃうよ、とでも言っているようではないか。まぁ、それは考えすぎだ。より多くの恩恵を求めるのは図々しいとしても、これは、日頃の感謝を伝えるためだけでも行ってみようかな、という気持ちになった。宗教的な勧誘とは思えなかった。崇敬者の一人とされたことが嬉しかった。何より、大和の地より、神武天皇がいらっしゃるところより、私のもとへ手紙が届いたことが嬉しく感じられたのである。私は奈良行きを決めた。


 ところで、どうして私が崇敬者に選ばれたのだろう。私は遠い昔にアパレル…

最新の投稿

怪談・キャッチャー・イン・ザ・ライの蜻蛉たち 〜水事業という化け物と終戦記念日の靖国神社〜

幸せの黄色いひまわり・2017年度版 〜座間の豊かな水をめぐる往復1時間のひまわり散歩コースをご紹介〜