スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

魹ヶ埼灯台で想定外のシン・ゴジラを回想する。【シン・ゴジラネタバレ感想】

シン・ゴジラを見た。




あれは、東日本大震災と福島第一原発事故をなぞって書かれている、そうだ。 現代に海から恐竜が現れる。まったく「想定外」の出来事が突然起こる。そもそもゴジラは原爆の子だ。歩く原子力発電所である。エネルギー源は核分裂で、武器は放射熱線。(このゴジラが逆ギレする放射熱線シーンが哀しく美しい)。 その想定外の事態になすすべもない日本政府。 ゴジライコール震災と原発事故。その想定外の事態になすすべもない日本政府。ゴジラvs.「日本政府」というお話。なるほど。
想定外の事態に、日本は武器も使えない。まったく法整備がされていない。会議一つするのも一苦労。民主主義と縦割り組織構造でガチガチ。まったく対処できない。事態を分析しようにも、専門家は推測で物を言えないので、ガチガチ政府に有効なアドバイスもできず。オタオタしまくるガチガチ日本政府。その間にどんどん町は破壊され、どんどん犠牲者は増えて、総理大臣さえあっけなく放射熱線にやられて死んでしまう。ボロ負けの日本政府。なるほど。現実と同じだ。
いや、いや、現実よりひどいじゃん。
つまり、シン・ゴジラとは、震災と原発事故(の対応)に勝った日本政府バージョンの震災レイクエム物語ですよ、と評論していた方がいらした(下ブログリンク参照、良い記事です)が、私から見たら、あれは過去の追憶(成功バージョンで溜飲を下げる)では終わっていないと思う。
http://anond.hatelabo.jp/touch/20160805000418 あれは未来に向けての仮説物語ではないか。こう言っているとしか思えない。想定外の事態は、これからもっとひどくなりますよ、震災では終わりませんよ。あなたたち、未来の想定外の事態にどう対応しますか? 「今の日本政府」では、永遠に勝てませんよ。そう突きつけられているとしか思えなかった。 で、最後の山場(ゴジラとの最終決戦)では主人公がこういうわけだ。涙ながらに。 「みんな!(この作戦では)命の保証はない。でも頼む、やってくれ!※」 死んでくれ!との命令に、よし!とばかりに、ガンガン特攻していく自衛隊。そして作戦に協力しくれた人情家のアメリカ兵たち。両者がまたど派手に死んでいく。 またその様がカッコイイわけ。(作戦は多少おマヌケだけど)兵器も兵士もイケてるわけ。
※実際のセリフとは若干違うかも。

うーん。
つまりシン・ゴジラとは、こん…

最新の投稿

守り神だらけの氷上山と碁石岬、箱根山に行ってきた 〜ショック・ドクトリンでアナ雪の山に籠城する〜

人生のセーフティネットとしての山 〜6年目の週末の仙人峠と霞露嶽登山〜