スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

蝶が羽ばたくとニューヨークで竜巻が起こる ~神代植物公園で薔薇と紫陽花を撮る~

薔薇と言うのは日本人にとっては馴染みが薄い花ではないか。絵や模様ではよく見かける。芳しい香りはある。しかし、現実的に薔薇の花を買って家に飾る、もしくは庭に植える、となると、日本総人口の中でそう多くはないように思う。意外と、マイノリティではないか、という気がするのである。ましてや誰かに贈ろうなどと・・

 私の薔薇のイメージは少女漫画とダイアモンド☆ユカイだ。
 子供の頃から学生時代に好んで読んだ少女漫画では、常に、美少女と美少年の背後で薔薇が舞っていた。
 青春時代に好んで聞いたハードロックでは、まぁその中でもユカイ(当時レッドウォリアーズというバンドのヴォーカルだった)は異質な方であったけれど、彼は「とびっきりの一日」を象徴するアイテムとして薔薇を歌うのである。





※(2017年追記)PVがYoutobe から消えてしまったので、音源のみ。下のライブ版もおすすめです。 https://youtu.be/6t6exYci7x8


 そんなどちらかといえば、日本人・・ いや私にとって日常とは乖離した薔薇は、しかし、双子葉植物綱、バラ目のバラ科という植物の分類に属しているのである。

 あの日本の原風景に必ず存在し、万葉集の時代から私たちの生活の身近にあった、桜や梅や桃という花木、それから林檎(りんご)や枇杷(びわ)といった果物と同じ、双子葉植物綱、バラ目のバラ科なのであった。

 ちなみに苺(いちご)も綱は違うが、バラ目のバラ科である。日本は原種薔薇が自生する国として世界的に知られていたのであった。バラ目バラ科バラ属のノイバラにテリノイバラにハマナシ(ハマナス)。西洋で品種改良に使われた原種薔薇の3種類は日本原産である。古くは奈良時代、西暦700年代の文献である「常陸風土記」や「万葉集」にも薔薇は「うばら」「うまら」として記されている。


 私はそれを知った時、少女漫画やダイアモンド☆ユカイの薔薇に対する扱いを不当で理不尽なもののように感じたものであった。また日本の原種薔薇の扱いも不当で理不尽なもののように感じてくるのであった。ノイバラなんて雑草扱いだし、ハマナスは森繁久彌が「知床旅情」で歌っている。まさかあれがベルばらの薔薇と一緒だとは思い難い。

 本来、薔薇はもっと身近なものではないのか。薔薇の付加価値は偏愛やコンプレックスを思い起こさせる。その分、とびっきりの一日が…

最新の投稿

怪談・キャッチャー・イン・ザ・ライの蜻蛉たち 〜水事業という化け物と終戦記念日の靖国神社〜

幸せの黄色いひまわり・2017年度版 〜座間の豊かな水をめぐる往復1時間のひまわり散歩コースをご紹介〜